経理担当者なら必ず取りたい簿記

経理の仕事に就きたいなら簿記の知識は必須

事務職と言えば女性の仕事というイメージが強いかと思いますが、男性でも希望されるケースは多くあります。その場合、一般事務というよりも経理とか総務とか管理部門での事務職なら採用の可能性はあります。中でも経理事務なら中途採用の求人もよく出ますので、可能性は高くなります。では実際にはどのように活動すれば採用になるでしょうか。
最低限でも必要なのは簿記の知識です。出来れば日商簿記の2級レベルは取得しておくことが必要です。決して簿記の資格が無いと出来ないという仕事ではありませんが、実際には知識として持っておかないと実務で通用しません。それも基礎レベルの3級程度ではなくやはり2級は持っておくべきでしょう。日商簿記の2級なら原価計算なども学びますので、会社内の経理では十分に対応出来ます。また、同じ簿記資格でも全商とか全経の2級ではレベル的に物足らない感じがあります。
簿記2級は独学でも十分取得可能な検定資格です。まずは3級で基礎をしっかり固め2級にステップアップします。無駄な時間を避け一発合格に賭けるなら資格学校などで学習する方が良いでしょう。短期集中で知識が習得出来ますが、3級までは独学で2級から学校で学ぶ、というやり方なら費用も安くて済みます。ここで面倒などと言っていてはとても経理の仕事に就くことは出来ません。多少遠回りに感じるかもしれませんが、先ずは簿記の知識をしっかり習得することを優先にしてはどうでしょうか。
Recommend


Copyright(c) 2017 経理担当者なら必ず取りたい簿記 All Rights Reserved.