経理担当者なら必ず取りたい簿記

簿記の資格を持って経理になったけれど

私は以前、簿記の学校に通い、資格を取得して経理勤務の転職に成功しました。無資格よりも会社で堂々としていられたのは事実でしたが、担当になったのは未収金や未払金でした。この勘定は簿記で習った仕訳けよりも複雑で、補助簿というものが存在します。相手の会社への入金・出金の計上金額を、請求書と付け合わせて消し込む作業がメインです。この「消し込み」作業は機械化するには限界があり、月次決算の時にはどうしても人の手が必要になるのです。企業に就職したからには、特に未収金は利益に直結する花形の仕事になりますが、作業自体はとても地味なものなのです。毎月差額の明細を作成し、帳簿の残高とピタリと合わせる作業は、簿記の学校では教えてくれませんでした。難しい仕訳けは習っても、この地味で細かい作業ができること、が経理勤務の条件と言えます。
簿記の学校で習うことは、どこの会社でも通用します。しかしB/SやP&Lは実際に管理するのは管理職がするところが多く、一般の経理事務の仕事は個々の勘定科目の残高の内容を把握すること、つまり補助簿を確定させること殆どです。晴れて経理部員になり、負債や手形などの勘定科目が急に役に立つかというとそうではないようです。伝票を仕訳する上で貸方・借方を正確にできるという利点はありますが、まずは一つの勘定に集中することになると思います。消し込み作業は、しいていえばパズルの様なものです。大企業ほど数が多いものです、その時はこの口コミを思い出して下さい。
Recommend


Copyright(c) 2017 経理担当者なら必ず取りたい簿記 All Rights Reserved.