経理担当者なら必ず取りたい簿記

経理は簿記の知識が必要です

私は商業高校を卒業しました。商業高校は英語と数学が普通高校に比べて授業数がとても少ないです。私は英語と数学が苦手だったのでなるべく少ない学校を選びたくて商業高校にしました。商業高校は商業というだけあって簿記の授業が普通高校の英語と数学ぐらいいっぱいあります。毎日簿記の授業があったと思います。私はその簿記の授業がとてもすきでした。簿記は好き嫌いがはっきりする教科の一つでしたが、私は本当に好きで毎日簿記の授業を楽しみにしていました。簿記がすきだったので、高校を卒業して就職するときに会計事務所を選び就職しました。会計事務所は会社の経理をします。ここで簿記が大活躍しました。
会社の経理をするときに、簿記の知識があれば簡単に覚えることができます。でも、簿記の知識がない人に経理を教えるのはとても苦労します。例えば今日現金を銀行から引き出してきたとします。そのとき、簿記の知識があれば貸し方は現金で借り方は普通預金になるよね。という伝票が簡単に書くことができるんです。でも、簿記の知識をまったくない人にこれを教えようとするととにもかくにもどこからおしえればいいのか。素直に理屈を考えずに現金が出てきたときは借り方で入ってきたときは貸し方はになるんだよ。といってわかってくれるのでしょうか?全然簿記の知識がないひとが経理になってやった場合とてもおかしなことが普通におきてしまうんですよね。これは本当に怖いことですよね。でもわからないから全然きづかないんですよね。会社の経理は会社の要ですから経理をやるひとは簿記の知識が必要です。
Recommend


Copyright(c) 2017 経理担当者なら必ず取りたい簿記 All Rights Reserved.