経理担当者なら必ず取りたい簿記

経理担当者に限らず役立つ簿記

私は3年ほど簿記以外の経理を担当していました。そして今年はじめて簿記をスクールで本格定期に勉強したので、その体験談や勉強方法をまとめてみました。まず簿記というと経理担当者にしか関係ないと思われがちですが、実は勉強することにより、お金の流れや自社の状況から他社の状況まで理解することができるので、全ての社員にとってとても有意義な知識だと思います。私のように関連した業務に携わった経験がある方は、勉強することによって、今までの業務内容に理解や自信がつくし、業務の幅も広がると思います。それにもし今の会社を退職したとしても、どこの会社でもこの知識は役にたつので、勉強したらぜひ資格もとっておくとよいと思います。
勉強してみて思ったのは、数学や英語のようにしっかりと基礎を理解することが大切だと思いました。なので習得方法で重要なのは、解らないことはそのままにしないで、必ず解るまで復習することだと思います。私はスクールに通っていたのですが、家に帰って復習は必ずやるようにしていました。具体的には基本問題を繰り返し説き、余裕があれば応用問題をやるといった方法です。日々の授業はこのようにすればついていけました。資格取得をめざしているのならば、さらにある程度力がついてきたら、過去問や試験対策問題を解くなど試験対策がとても重要です。試験に必ず出る問題は実際ありますし、試験問題は独特の言い回しなどもたくさんあるので、理解しているのに問題の解き方が解らないという問題がたくさんありました。
Recommend


Copyright(c) 2016 経理担当者なら必ず取りたい簿記 All Rights Reserved.